旅行業務取扱管理者試験の合格を目指す!

国内と総合の2つがある旅行業務取扱管理者。特に総合旅行業務取扱管理者試験の合格率は高くなく、難しい試験です。

そんな旅行業務取扱管理者試験の合格におすすめなスクール・講座(通信講座・通学講座)をまとめます。

またおすすめのテキストや過去問題集も。

おすすめスクールまとめ(通信講座・通学講座)

フォーサイト

「全国平均より高い合格率」が特長のフォーサイト。記憶に残りやすいフルカラーテキストや「道場破り(R)」など。

ユーキャン

大手通信教育のユーキャン。ユーキャンならではの「添削指導」。初心者でも安心なわかりやすいテキストも。

LEC東京リーガルマインド

司法試験や公認会計士試験など、難関資格の指導を行っているLEC東京リーガルマインドです(通信講座)。

ヒューマン(たのまな)

「たのしくまなぶ」がモットーの「たのまな通信講座」。クレアールの通信講座をコンパクトにまとめました。

ゼミネット

低価格が魅力の「ゼミネット」です。自分でレジュメを印刷するなど、徹底したコストの節約。一度の受講で、ほかの資格の講座も受講できます。

資格の大原

簿記や公務員試験など、総合スクールの資格の大原です。通信講座と通学講座を開講しています。

クレアール

「非常識合格法」や「合格方程式」でおなじみのクレアール(通信講座)。

おすすめ書籍(テキスト、過去問題集など)

独学で合格を目指す受験生の方や、弱点分野の補強をしたい方には、市販のテキストや過去問題集がおすすめです。

最新の教材で学習しよう!その理由とは?

旅行業務取扱管理者試験対策で気を付けるべき点が、旅行業法などの法改正に注意することです。

過去の本試験の出題を分析すると、新しい法律や法改正における変更点などの知識を問うた出題が比較的多くあります。言い換えると、「法改正対策が効果的な学習法のひとつ」と言えます。

最近だと、2018年1月に旅行業法が改正されています。これは訪日外国人客の増加を見据えたランドオペレーターの登録制度などです(2014年7月にも法改正が実施されています)。

このように旅行業法は社会状況に影響を受けやすく、今後も旅行業法を含めた法令の改正には十分に注意してください(約款も最新版を)。

したがって2019年度以降の旅行業務取扱管理者試験(国内旅行・総合旅行)を受験される方は、最新の学習教材を使用するようにしましょう(特に独学受験生)。

なお通信講座や通学講座を利用されている方は、最新の法改正が反映されているため、心配はないと思います